ミドルエイジのジーンズ選びPart1

「さあ、ジーンズを穿いてみよう!」となったのはいいけれど・・。

具体的にどのジーンズを穿いたらいいか迷いますね。ジーンズショップ
に行って今時の若いアルバイト定員に相談するのも気が引けます。

そこで、少しでも参考になれば・・・。

「今まで全くジーンズを穿いたことがなく、初めてジーンズを穿く。」
という方のためのジーンズはちょっと難しいので次回にするとして、
今回は「若い頃は・・」「昔は・・・」ジーンズを穿いていた方への
ジーンズをアドバイスいたします。

 まず一番手っ取り早い選択は
昔穿いていたと同じジーンズを選ぶ
です。

何たって一時期穿いていたことがあるわけですから、たとえ穿いていなかった
期間があるといっても、いざ穿いてみると以前の感覚が蘇るもんです。

多少お腹が出てきて昔と同じサイズではないにしても、やっぱり一度
穿いていたことがあるという感覚は大事です。

ですので、まずは昔穿いていたジーンズをショップで探して見ましょう。
(若いことの記憶が蘇ってなんとなくニヤニヤしてしまうかもしれません。)

たとえば、Lee201。(画像がこの201です。)

http://www.jiima.com/Lee02010-97.html


http://www.jiima.com/Lee02010-94.html

ちょうど20年前頃、大変人気のあったジーンズです。
私が20歳からつい10年ぐらい前までコンスタントに人気がありました。
今でもやはり40歳前後の人には、この201を品番指定でお探しの方も
少なくないジーンズです。
普通目の太さながら裾の方がほんのちょっとだけ細くなっている
テーパードストレート。そして股上が深い作りです。

このLee201は数年前生産中止になりました。ところが、根強い要望がメーカー
を動かし、めでたく復刻になったのでした。

ですので、久しぶりにジーンズを穿く方には、懐かしく馴染みやすいジーンズ
ともいえます。その意味でお勧めの1本です。

ただ、難点は1つ生地が綿100%のデニム生地であるということ。
つまり、後日御紹介予定のストレッチ素材のジーンズに比べてゴワゴワ感
があるということでです。
(本来のジーンズらしいといえるのですが・・・。)

 ただ昔穿いていたジーンズを探す場合問題が1つ。

廃番

です。

ジーンズにもモデルチェンジがあって、数年に一回ぐらいのペースで
商品のラインナップが変わってしまいます。

そのため、昔穿いていたジーンズを探しても廃番で見つからない
という事も多いわけです。

たとえば、Levi’s(リーバイス)では以前510・515・508なんていう
品番のジーンズが定番ジーンズとして人気がありました。

でも今ではすべて廃番。

エドウィンでは、これまた人気のあったUSクラッシックシリーズも廃番になっています。

そんな場合には、どうしたらよいか?

できれば、専門店の店長さんクラスの方(昔のジーンズを知っている
方)に相談してみるのが一番です。そして昔のジーンズに比較的似た
シルエットのジーンズを紹介してもらってください。
残念ながら若いスタッフでは昔のジーンズの特徴が分からない場合が
多いので相談には向きません。

「相談もはずかしい」という場合には

以前穿いていたジーンズと同じメーカーの今の定番ジーンズを試着
してみるのが良いと思います。

どのジーンズメーカーもあらゆるシルエットのジーンズを生産している
ので昔と同じジーンズメーカーじゃないといけないということもないのですが、
メーカーによる若干のクセもあることも事実なので、ちょっとした目安
としてメーカーで見てみるのも良いと思います。

好みのジーンズが見つかった。さて、どんな色のジーンズを選ぼうか?
については次回に・・。

あっ、もちろん私への御相談も大歓迎です。
メールアドレス
tadn@jiima.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です