初めて穿くビンテージに迷ったらこの一本。~LeeRiders101Z 1952年モデル

「今までと違ってちょっと良いジーンズを試したくて初めてビンテージを穿こうと思ってるんですが、店長のお勧めはなんですか?」

ときどきお客様から相談されます。
いろいろお客様のご希望を聞いていると大体
1穿きやすい
2格好良い
3安いジーンズとは違った雰囲気が欲しい
というとことが皆さんに共通するとこのようです。

そんな時に店長がお勧めするのが、このLeeRiders101Z 1952年モデルです。

1 まず股上や深めで穿いた時のウェストに安心感があります。そのため、今まで間が民が深いジーンズしか穿いたことのなかった方にも違和感なく穿いていただけます。また、バイクなどに乗る方などにもシートに座った時に腰からシャツが出にくいため好評です。

そして、ビンテージジーンズには珍しく前がジッパーになっています。(一般的にビンテージジーンズはジッパーではなくてボタンがほとんどです。)ですので、今までジッパーのジーンズしか穿いたことがなくボタンに不慣れな方にも安心して穿いていただけます。

2 更に、シルエットは、やや細めの普通のストレート。Lee(リー)のビンテージジーンズでも一二を争う格好よさです。ジェームス・ディーンなどが愛用していたことでもその格好よさは実証されています。

3 そして、Leeオリジナル左綾デニムを使っていますから、長く穿きこんだ後の色落ちなども一般的なデニム地を使ったジーンズとは一味違ったものです。穿きこむほどに味が出る!まさにビンテージジーンズならではの雰囲気です。

これが店長がお客様にこのLee101Z 1952年モデルをお勧めする理由です。

値段は¥18900(税込)と一般的なジーンズが2本以上買える値段で決して安いものではありません。しかし、週に一度程度しかはけない方が2年このジーンズを穿くことを考えると一日あたり約¥180円です。ですので、丈夫でかつ長く穿けることを考えると決して損ではないはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です