ジーンズの王道?!

ちょっと前、「チョイ悪オヤジ」が話題になっていた時期があります。

ちょっと派手目のシャツにダメージジーンズ(ジーンズに穴を開けたような加工)を
加工良く穿いて、サングラス。

ん~、確かに雑誌などに出ているモデルの姿は格好いい。

でも、ちょっと待った!

このチョイ悪オヤジ系のファッションを着こなすことは結構難しいような気がします。
なぜなら、私見ですがこの系のファッションはそもそも似合う人が限られているような
気がするのです。

「男なのに色気のある人」
「艶のあるオヤジ」

こんな人が「チョイ悪」系のファッションをすると凄くはまって
格好いいもんです。

しかし反対にそうでない人が「チョイ悪」系を身にまとうと・・・・・。

ただの悪。

ただガラの悪いおじさん

になってしまいます。
でも結構「無理をして」チョイ悪オヤジ系のファッションをしている
おじさんも多いんですよね。
気持ちは分かるような気がします。一時期、話題でしたから。
確かに、チョイ悪オヤジブームの影響かミドルエイジの男性の
カジュアルファッションというと今はすぐに「チョイ悪オヤジ」系の
物に注目が集まりやすいです。

しかし、このチョイ悪オヤジ系ファッションはジーンズファッションの
王道ではないと私は思っています。

ですから、「まずはジーンズが似合うようになる!」を目標にしている方は、
ひとまず「チョイ悪オヤジ」系のファッションは無視しましょう。
今流行ではなくちょっと地味な感じですが、まずはジーンズファッション
の王道をいきましょう。

私が考えるジーンズファッションの王道は

白いTシャツまたは白いボタンダウンシャツにワンヲッシュ(色落としをしていない濃いブルー)のジーンズ。またはちょっと色が落ちたジーンズ。

です。

最初から決して中古加工やダメージジーンズに挑戦する必要はありません。

ジーンズに慣れればどんなジーンズも格好良く穿けるようになります。
ですから

まずはジーンズの王道でいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です