あたりまえ

先日、見ていたTVでローリングストーンズのステージの模様が映っていました。

そのステージはとても平均年齢が61.5歳(当時)とは思えぬもの。

ほんのちょっとのニュース映像だったのでジーンズを穿いていたかどうかは
確認できませんでした。しかし、その衣装も決して「おじさん」風情のもの
でもありませんでした。

かといって、若者のファッションを無理してきているわけでもなく。
自然に着こなしている姿はさすがです。

先日は、NHKの放送で矢沢永吉のLive番組を見ました。こちらは63歳
だそうです。
矢沢永吉はステージで今流行のダメージジーンズをしっかり穿いていました。

こちらも、決して無理した感じがなく自然です。

確かに、どちらもロックスター、普通とは違った方々です。

でもわれわれ「普通の」ミドルエイジのジーンズライフのヒントもある
ような気がします。

それは、

「あたりまえ」

ということ。

ローリングストーンズの面々も矢沢永吉もジーンズ&カジュアルを
着るのが「あたりまえ」」、そして似合って「あたりまえ」」と心から
思っているようだという事です。
それは信念にも近いものの様な気がします。
(ご自分ではそこまで意識はないと思いますが・・・)

これからジーンズを穿き始めるミドルエイジの方も
「似合うかな~。」
と思うのではなく

似合って「あたりまえ」
と信じることが何より大事なことのような気がします。

合言葉は

「ジーンズが似合ってあたりまえ」

これでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です