身近に敵がいた!

「ジーンズが似合うようになるために週1~2日、半年ジーンズを穿いてください。」

私から「ジーンズが似合わない」と思っている方にお願いです。
「そんなの簡単じゃん。」

そうです。簡単です。

でも、その簡単なことが出来ない人が少なくありません。

その理由が今回のテーマです。

 

週1~2日で半年ジーンズを穿くという簡単なことが出来ない理由、私が考えるに2つ
あります。

1 まずは自分の感じる違和感です。

ジーンズを穿いて鏡に映る自分を見て「違和感」を感じる人も多い
ようです。何せ今まで着た事のない服、した事のない格好をするわけ
ですので違和感がなるのは仕方がないことです。

問題はそこで「やっぱりダメだ~。」と諦めてしまうか
「とりあえず半年!」と我慢するかなんです。
2 そしてジーンズキャリアを阻む最大の敵はもしかすると意外と身近
な存在かもしれません。(私はそう思ってます。)

それは・・・・家族です。

奥様や子供(特に娘さん)は結構「キツイ」言い方をするようです。

「おっとうさん、それ おかしい~。」から始まり

「その体型じゃ無理ね。」「ダメだわ!」「全然似合わない。」

傍で聞いている私も「そこまで言うか。」と思うぐらい残酷な言い方
をする奥様や子供さんが多いんですよね。
また、そんな言い方をしないで

「ぷっ・・・」と軽くふき出した後

「いいんじゃないの~。自分が良いなら。」と突き放す奥様。

これは効きます。

社会人としてそれなりのプライドのあるおじさんには、ある意味辛らつな
言い方よりもツライかも・・。

この家族の「酷評」をどう乗り切るかが最大の課題かもしれません。
ですから、「これからどうにかジーンズが似合うようになりたい。」
と思ったら、家族に「これから半年、俺はジーンズにトライするから
おかしくても無視してくれ。」と宣言して協力を求めるのが良いかもし
れません。
つまり

家族に協力してもらって何とか我慢して半年を乗り切る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です